筆者 7転7起が7年前 白井智子さんが代表を務めるスマイルファクトリーに訪問したときの記事です。

スマイルファクトリーとは、日本初の公設民営のフリースクールで、不登校・発達障害をなど多様な問題を抱える子供たちの相談・スクーリング事業を展開されている、超素敵な学校です。

https://www.npotoybox.jp/toybox/activity-area/ikeda

ここから、以前別のBlogに書いていた記事を転載。

———–

白井智子さん @tomoko_shirai

Twitterで、よく知りもしないのに、いきなり話しかけ、
今日、彼女が校長を務める学校「スマイルファクトリー」の見学に行った。

子供っぽい感想だが、短く感想を述べると

楽しかった!
居心地が良かった!
生徒さんと先生達の
深い深いつながりを感じることが出来て、
幸せな気分になりました。

こんな感じだろうか・・

いろいろ書きたくなるが、あまり書くと読む方も
疲れるだろうと思うので・・
手短に感想。
というか、小分けにした方がいいかな・・・

なんていったらいいだろうな・・

生徒さんがキラキラしてた。
小さい子も、年長の子も。

みんな従兄弟同士のような、
共に構えるところ無く、助け合えるような・・・

そして、少し適切な表現はムズカシイが、
生徒さんと、先生達の関係は
心から親しみを持ち、気を許せる
親戚のおっちゃん、おばちゃん
そんな感じだろうか・・・

先生方に気を遣って、感想を述べるとすると
とても信頼の置ける、素敵でいろんな意味で
賢いお姉さま、お兄さま というところかな?(笑)

見ず知らずの僕が見学に行ったにもかかわらず
温かく迎えてくださり、いろいろお話ししてくれた
生徒さん、先生方、白井さん

みなさん、ありがとうございました。
とても、楽しかったぁ・・・ 。

最後に、白井さんのこと、スマイルファクトリーのことを
教えてくださった Uさん!
感謝です!

もっと書きたいことがあるので、また後ほど続きをアップ予定!

『スマイルファクトリー』 素敵な学校です!

スマイルファクトリーの見学が終わり、池田から箕面付近を散策した際に撮影したもの。
でね、学校終わりのミーティングに参加させていただいて、
感じたことを少し書いておきます。

遠くの人までは、余りしっかり見ることができなかったので、
僕の間近に座っていた4人について、僕が感じたことを書いてみる。

あくまで僕の感想ですし、悪気はゼロです。

2人2人が向い合って座れる4人がけのテーブルに
高校生二人(男の子、女の子)、中学生一人(男の子)
、小学生一人(男の子)が座っていた。

最初に感じたのはね、中学生の子が、向かいに座っている
(厳密には斜め向かいだったかな・・)
小学生と、なにを話すわけでもないけれど・・・
なんっていったらいいのかな・・
とにかく、俺はお前のことが好きだよっていう
空気を送っているのが伝わってきたよ。
もちろんその小学生も、そのお兄ちゃんのことが
すごく好き。そういうのも伝わってきた。

ミーティングが終わってから、そのお兄ちゃん(中学生)に
声をかけたのは、どんな人かもう少し知ってみたかったからです。

中学生と聞いてびっくりしたよ。しっかりしてるから
高校生かなと思った。
で、僕が発した言葉「えーーなんか偉そうだよね(笑)」

悪気はないよ。本当に、もう少し歳上に感じたから・・・

そしたらね。横に座っていた高校生のお兄ちゃんが
「そうなんすよ、こいつ態度でかいんですよ・・・」

って、言ってくれたね。
なんかその言葉の響きがとても優しくて、
二人が仲がいいんだなぁっていうのが、すごく伝わってきた。

向かいに座っていた、ピンクのおしゃれなお洋服を着た
高校生のおねえさん。
直接言葉を交わしたかどうかは微妙だったけど・・・
紅一点。なんかその場の空気を保つには絶対必要な仲間。
そんな感じがしました。

スマイルファクトリーのミーティングでは

「今日のMVP? もしくは 今日のNo.1」だったかな・・
それを発表するようです。

簡単に言うと、今日一日で感じた、友達の素敵なこと、
自分が嬉しいなって思ったことを伝え合うみたいな感じ。

僕も言えばよかったな。

「今日は皆さんの素敵な笑顔にであえて、嬉しかったです!」

あぁ加えて言うなら

「靴下を履き替える時間がなくて、穴あきの靴下を履いていったのに
だれも、それを突っ込んでくれなくてほっとしました(笑)」

え?誰もそんな事気づいてないって?
・・・ 僕が今日一番気になってたことなんだな(笑)

とにかく、素敵な学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です