去年の参議院選挙前からの街頭演説で、その演説の熱量にどっぷり
心を奪われてしまい、選挙期間前から、選挙期間後、はまりにはまりまくった
山本太郎のれいわ新選組。

議席は重度の難病・重度の障害をお持ちのおふた方だけに終わってしまった。
ただ、選挙後も9月頃から地道な活動を再開し、前ほどの熱量は持てないけど
好感を持って眺めていた。

ただ10月過ぎからだろうか・・・れいわ新選組の動きというか
山本太郎の動きに 確信は持てないが、何処か不信感をいだき始めた自分が居た。

これって第三極をつくって、野党を分断し、自公をアシストするため、
そして正しく政治に興味を持つ人のガス抜きをするために存在しているのか?

疑り深い自分は、結局のところ寄付はそこそこ集まっているが、寄付以上の行動
が出来ているように映る現象は・・・・、何処かに資金源があって
結局は、裏の裏で新自由主義と繋がっているんじゃないかなんていう確証のない
不信感を持っていた。

そして冬からのコロナショック。街宣が唯一かつ最強の武器であった山本太郎にとって
その活動ができなくなってしまった。

長い冬が終わり、春、夏と来たが・・・・

街宣は相変わらずほとんど行えず。

自分のれいわ熱も冷める一方。

そんなこんなで2020年秋がきた。大阪府民の私は大阪都構想の動きに
5年前も微力ながら激しく抵抗した。

今回は自分がやるまでもなく、東京から、それも自分とは遠い利害関係でしか無い大阪に
この1ヶ月で3週間近く乗りこんできて、大阪市内の各地でゲリラ街宣を行っている
山本太郎に対し、再び、共感・好感を強くいだき出した。

結局、人生、困ったときに手を差し伸べてくれる人が、本当に大切にしなきゃならない人。
太郎氏は宝塚出身・大阪の箕面の高校に通ってたというだけでか、
沈没しかける日本、必死に、誰に頼ることもなく、なんの見返りも得ずに、
ただ黙々と「大阪都構想反対! 何故反対するのかを根拠ありで、こんこんと毎日
演説している」 大阪人としてホント頭の下がる思いだ。

このサイト、1年ほど休止していたが、ぼちぼち、自分なりのペースで
記述していこうかなと思う。今までのように単なる速記による、街頭演説直後に
即配信というスタイルは、本家サイトがほぼやってくれているので、
自分なりの切り口で、少し進めていこうかなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です