2020年秋以降の山本太郎の街宣 まとめ【Vol.001】

2020/10/14広島PARCO前での街宣を一部抜粋

デフレ、積極財政、国の投資額、GDPの伸び率、壊れてしまった労働環境
この状況をどう打開すべきか?

その処方箋を概略としてまとめてみました。
時間がある人は、末尾の30分ほどの動画も見てね!

20年以上のデフレで格差が広がって、その上コロナでしょ
ものが売れなくなってというか、消費ができなくなって

世の中に回らなければならないお金が回らない。
ひどい経済状態に傾いていく国の経済状態を立て直せるのは国だけ。

アメリカは400兆以上のお金を投入する。

災害のとき、疫病のとき、経済的不況のとき。

10万円の給付、更にやるべきですよ。

先進国の中で20年以上のデフレが続くような間抜けな国は日本しかない。

1997年以降20年以上、実質賃金下がりっぱなし。
そら貧乏なります。

生活が苦しいと感じている
全世帯の 54.4%
母子世帯 86.7%

IMFがまとめた1997年から22年間の間の世界の政府総支出の伸び率

世界一のドケチ国家が日本!

当然社会にお金回らない、従業員の賃金も下がり続ける
→そんなときモノ買いますか?→この負の連鎖

この負の連鎖を断ち切れるのは政府だけ。
その状況の中で日本政府は何をしてきたか。

先程示したドケチ国家No1なんですよ。
政府の誤った経済政策が問題。

IMF 過去22年間の名目GDPの伸び率

残念ながら最下位なんです。

あなたが頑張ってないから、それが日本の成長を鈍化させてる?
そんなことはない、人が頑張れる範囲は大差ない。
国が投資してこなかったのが明らかに原因がある。

毎年2万人以上が自殺、50万人以上が自殺未遂。
この状況を作り出したのは、政治以外は考えられない。

これ、コロナの前ですよ。

誰のための政治を20年もやってるの?
企業側が儲かるようなことばかりをやってる。

問題の答えは選挙ですよ。
50%以上の人が選挙権を捨てる。

政治をコントロールし続け、自分たちの思うどおりの制作を推進していくように
コントロールしていく。自分の子飼いの政治家に献金する、仕事を提供する
組織票を与える。

一握りの人間のためだけの政治になっている。

例えば消費税一つとっても、それは顕著に現れている。
消費税は 法人税を富裕層の所得税を如何に下げるかということを主眼において
導入されたものです。決して、社会を良くするための税金ではない。

つまり、諸費税収の累計は263兆円、一方法人税収は192.5兆円減収
実に 消費税収の73%が法人税収の減税分に使われていた。

このおかしな方向に進んだ日本を変えていけるのは誰?

みなさんなんですよ、この国のオーナーであるみなさんなんです。

お時間のある方はより正確な情報を得るために

動画を閲覧ください(約30分)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です