山本太郎の街宣 まとめ【Vol.005】
〜2020/11/10生駒

※一言一句文字起こしするのは大変なので、意訳です。
正確な情報が欲しい方は末尾の動画をご覧ください。

【質問者】
山本さんはインフレ率2%までお金を擦り続けようというということを仰ってる。
世界史とかやってたら、第一次世界大戦後のドイツではハイパーインフレが起こった
と言われている。

僕ら高校生が80になるときまで、お金擦り続けるような微弱なインフレ続けて大丈夫?

【山本太郎】
20年以上のデフレに加えて、コロナがやってきた。
20年以上のデフレで、お金が回ってない。

れいわ新選組が一番したいのは、世の中に回ってない中で
世の中にお金を今回さなくてどうするんだよ ということなんですよ。

世界のハイパーインフレの研究

1.大きな戦争などで国内の生産能力が破壊され・・・
2.大革命が生じて
3.何十年にも渡ってインフレが続いていて

これ日本に当てはまらない!

デフレとは
デフレは 需要よりも供給がデカイ
売り手はたくさん居るけど、買い手が居ない。

ものが売れない>>物価が下がる>>不景気>>投資もしない>>給料下がる

インフレとは
供給能力より需要のほうが上回ってる。
買い手は多いが売り手は追いつかない

どっちがいい?インフレでしょ。

ものが売れる>>景気が上向く>>設備投資・開発に力を入れる>>雇用も広がり>>給料上がる

GDP(国内総生産)=個人消費+民間投資+政府支出+(輸出ー輸入)

この20年以上、お金がないので消費できない。この状況下で企業は投資しない。

この状況を打破できるのは国しかない。

その上で、さらに消費税を上げるでしょ。消費が加熱してるときに消費税を上げると
消費が冷えてちょうどいいが、消費が冷えてるときに消費税上げるなんて、論外!
景気が悪くなるに決まってる。

こんなことやってるの日本だけです。

この状況下で、出来ることは政府が金を出すしかない。
これ以上政府が借金を増やすとこの国破綻してしまうと思ってるんじゃないですか?

TVや新聞は本当のことは言わない。

ざっくり言うと財務省にとって不都合なことは言わない。

池上彰のような人の言うことを信じちゃダメ。
個人の会計と 国の公会計は別
国には通貨発行権がある

日本は日本円で借金してます。で、一方で日本円刷れるんですよ。
これで破綻するわけはない。

日本円を作り出す能力がある。どうして、破綻(デフォルト)するなんてことは
ありえないんです。

麻生太郎副首相兼 財務大臣は

「日本は自国通貨で国債を発行してるんだ。刷って返せばいい、簡単だろ」

麻生太郎が信用ならないという人に、日本で言うところの日銀総裁

アメリカFRB総裁

「アメリカはいつでもお金を印刷できるので、負債を支払うことができる。
デフォルトの確率はゼロである。」

あの、日本の財務省さえも同じことを言っている。
2002年 3大格付け会社が日本国債の格付けを下げた。

日・米など先進国の自国通貨建ての国債のデフォルトは考えられない」

じゃあ、お金どこまででも刷れるの?

ケネディ大統領とノーベール経済学賞のトービンとの会話

国の経済規模に対して、どれぐらいまで借金していいとか上限あるんですかね?

トービン
唯一の上限はインフレです。

日本
国の借金1000兆円を超える。
どこまで行ったら危ないか? そんなものはないんですよ。
額に決まりはない、インフレ率です。

政府と日銀は 物価安定目標2%までは最大限お金を
出していってもいいということを取り決めている。

景気が加熱し過ぎたらどうするかということなんですけど、
その時は 税で調整する。
所得税・法人税の累進性の比率を上げたりして調整することで対応可能

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です